コンサート記録 no.1

7月25日(月)銀座アンクに出演♪

I部Ⅱ部とあり、I部ではオンライン配信も行われました。コンサート前に、お客様からご連絡をいただいたり、大学時代の友人がオンライン配信に登録してくれたり…演奏する前から、一人一人のお客さんの有り難みを感じていました。

コンサートでは、演奏よりもトークに緊張…!

そこで、高嶋ちさ子さんを思い出しました。”ザワつく!金曜日”をよく見ているのですが、尊敬できる面に加え、トークが面白い!その高嶋ちさ子さんと12人のヴァイオリニストの皆さんが武蔵野音楽大学がいらっしゃることに✨

生高嶋ちさ子さんは、テレビのまんま!1000席程入るベートーヴェンホールはお客さんでビッシリ!

不思議なことに、たくさんのお客さんがいるのに、高嶋さんのトークは一人一人と話しているみたいに感じるんです。その場の雰囲気を直ぐにキャッチして、きみまろのようなものも感じる程でした。

演奏と同時にトークをする場って切り替えが難しいです。しかしお客さんとコミュニケーションが取れるようになると、演奏のみでは知ることのできない奏者の人柄や、会場ごと思い出に残るコンサートにできるなと、高嶋ちさ子さんから勝手に学びました。

もちろん、クラシックコンサートではトークが無いものも多く、必須ではありません。奏者や会場、お客さんによって、トークの有無どちらがより引き立てられるかを判断すべきだと感じました。

今後のコンサートに生かしていきたいという話でした✍️最後までご愛読いただきましてありがとうございます

前の記事

嬉しいできこと🌷

次の記事

コンサート記録 no.2